賃貸住宅の債務保証とは|airbnbを代行する|趣味を形にできるプラン
レディー

airbnbを代行する|趣味を形にできるプラン

賃貸住宅の債務保証とは

積み木

滞納時の債権を担保

最近、賃貸住宅に関する検索サイトなどを見ていると、物件情報の中に「家賃債務保証会社利用」などといった記載があるのを目にする機会が増えています。家賃債務保証会社とは、アパートやマンション等の入居者が万が一家賃を滞納したり、修繕費用などを支払わなかったりした場合、家主に対して本人に代わって代理弁済を行う専門事業者です。入居者から保証手数料を徴収することによって事業を運営しています。家賃債務保証会社の利用形態はさまざまで、特定の不動産仲介業者が扱う物件にすべて適用されるケースもあれば、特定の家主が保有する物件のみというケースもあります。いずれにしろ、利用するかどうかは貸し手側の裁量に任されています。

事務の軽減にもつながる

家賃債務保証会社の利用は、借り手と貸し手の双方にメリットがあります。まず借り手にあっては、賃貸借契約の締結時に連帯保証人の選定が不要となります。親族がみな高齢である、定職を持っていないなどの理由で連帯保証人が立てられないがゆえにこれまで部屋を借りられなかった人にも、賃貸入居の機会が広がります。一方、貸し手のメリットはといえば、これは何と言っても債権確保に万全を期すことができるという点に尽きます。未収金が回収不能になるリスクを低減させることができます。さらに、貸し手側にはもう1つメリットがあります。たいていの家賃債務保証会社はまず自らが入居者から家賃を受け取り、それを家主に納付します。つまり事実上、収納事務を代行してもらえるわけです。